FC2ブログ
                         "越辺川・川島町白鳥飛来地"

プロフィール

nekoj

Author:nekoj
PHOTO by nekoj

リンク

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ふじみ野情報

カテゴリ

最新記事

最新コメント

QRコード

チャリヤブログ
QR

Google自動翻訳

最近の写真(アイコン風)

RSSリンクの表示

アルバム

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
53:お疲れさまでした by kan on 2010/08/10 at 21:43:19 (コメント編集)

楽しくも厳しいコースでしたね。
あのコースを最後まで走り切ったのは
さすがです。
とても闘病中とは思えません。
また秋の紅葉の時期に走りたいですね。
もちろん迷走なしでね。

54: by nekoj on 2010/08/11 at 00:07:43

また懲りずに誘ってください。
楽しかったですね!!

55: by sugi on 2010/08/13 at 22:41:56 (コメント編集)

アップダウンで厳しいけれでも、この季節、高原は最高ですね!

▼このエントリーにコメントを残す

   

夏休み

夏休み初日
仲間よりの誘いで涼を求め蓼科高原大河原峠に。

何時もどおりbanちゃんにピックアップして貰いkan@さん宅に向かう。
と!!、太郎衛門橋を通過中sugi@さんの早朝朝連4:30に遭遇!!
やはり写真どおり朝焼けが綺麗でした。この後クラブランの下見に行ったようですね。

x7lg5s1z (640x480)
   fhoto by sugi@ 無断掲載です

渋滞を予測していましたが難なく目的地臼田総合運動公園スタードームに到着、
ここで車をデポしnabeさんと合流したところで今日のコースの確認。

P1030892 (800x589)

天候はうす曇気温20度くらい丁度良いかも。大河原峠迄約23キロとのこと。
きつい坂は無いようなのででホッとするも思わぬ落とし穴が後で分かる。
皆観光気分で楽しみながら走りましょうと言ってくれる。

先ほど気になって下見したスタート直後のガレた下り坂を皆慎重に下る。

P1030891 (800x600)

緩やかな上り坂に入るも5~7%台が延々とと続き平坦な箇所も下りもまったく無い。
皆先日のセミナーで習ったダンシングを確認している。気温も走りごろで高原気分を満喫する。
後ろを少し離れてbanちゃんがずっとサポートし、先行の二人も随所で待っていてくれる。
三人とも足を余しているだろうに、感謝、感謝!!
P1030902 (800x600)P1030905 (800x597)P1030907 (800x570)P1030908 (800x591)

いくつかの別荘地を抜けここが終点かと言う所が数箇所。でも人気も無く先行の姿もない。
稜線は見えている。もう少しと思いもうひと頑張り。
すると正面は露出した岩場の右カーブ、急に何かにグイッと引っ張られたような重い感覚が、
いまのは何??
そしてそのあと下りでもないのに漕がずにスーッと進む。
疲労から来る感覚か、それともパワースポット???
また少しひんやりする!!
そしてついに大河原峠到着、標高2093m、約23キロ、走行時間2:10分ave8.5でした。
駐車場は蓼科山登山者で結構込み合っていました。

P1030914 (800x544)P1030918 (800x600)
P1030916 (800x599)P1030920 (800x586)

小休止後女神湖に向かってダウンヒルそこには多くのランナーが坂を上ってくる。
中でも女性ランナーがかなり多かった。自分でもこの坂でのRUNはちょっとカンベン!!
白樺高原国際スキー場に隣接している女神湖に到着。
バブル・好景気当時と思われるショップ・別荘などがチョット寂びしそう。
11:00まだ食事処は準備中、11:30開店を待つ間のんびり湖を回り写真撮影など。
ここでも女神湖を周回するランナーの多かったこと!
食事は麺類ではスタミナが持たないということでとんかつを、なかなか美味しかったです。

P1030923 (800x587)P1030929 (800x596)P1030939 (800x600)P1030937 (800x589)
P1030948 (800x599)P1030940 (800x556)
P1030958 (800x600)P1030960 (800x590)P1030962 (800x597)

後はチョット上ってからは下り基調ということでスタートし少し走ったところ人だかりのする店でストップ。
ソフトクリームの人気店らしい。観光バスも止まっていた。
濃い牛乳味のボリューム感あるソフトを満喫して再スタート。

P1030967 (800x600)P1030970 (800x600)P1030983 (800x586)

途中GPSと地図を確認してわき道に入るもこれが大誤算。
まさかのミスコースそして途中まで引き返しもう一度違うわき道に入るもこれも違った。
ここで珍しい光景が!!なんと健脚三人が自転車を押している!!
でもこれは激坂ではなく路面が危険状態でのことでした。
濡れた落ち葉が後輪ブレーキに詰まり何度も下車して落とす。シクロクロスの泥詰まり状態か!!

P1040003 (800x600)P1040005 (800x600)P1040013 (800x589)P1040018 (800x600)P1040010 (800x588)

また折り返し再確認してスタート、かなり体力と気力を消耗。
残りまだ距離はあるも上りは少ないという言葉に半信半疑!!
やはりアップダウンの繰り返しで気力で走る。kan@さんが後方でサポート。
ナベさんも時折チェックしてくれる。
しかしもうチョットというところでまたもや三度目のミスコースそれも登り。
再度慎重に確認してガレ場の上りに。
上りきったところで単独になりボーッとして左折するところを直進。
変だなと気付き作業中の農家の方に尋ねまた上り返す。
もはや気力もないが皆が心配してると思い最後の力を振り絞る。

P1040036 (800x600)P1040039 (800x574)P1040041 (800x593)

やはり安否を気遣いbanちゃんが車で迎えに、アリガトウ!!
そしてここで翌日は八ヶ岳方面を走るというnabeさんと別れお約束の温泉へ。
町営でまだ新しそうな大きな施設でした。入浴料も400円と格安。
マッタリとすごした後途中でチョット怪しげな定食屋でディナー??を取り帰路に着く。

P1040042 (800x600)P1040043 (800x599)

今回仲間の温かいサポートで本当に辛くそれでもそれを上回る楽しいサイクリングが出来ました。
感謝でいっぱいです。
こんな事なら暫らくは体調不良の振りをしようかなと???

走行時間6:56分
走行距離94.3㌔
Ave 13.4㌔

何時も疲れているところ運転してくれるbanちゃんに感謝です。







関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
53:お疲れさまでした by kan on 2010/08/10 at 21:43:19 (コメント編集)

楽しくも厳しいコースでしたね。
あのコースを最後まで走り切ったのは
さすがです。
とても闘病中とは思えません。
また秋の紅葉の時期に走りたいですね。
もちろん迷走なしでね。

54: by nekoj on 2010/08/11 at 00:07:43

また懲りずに誘ってください。
楽しかったですね!!

55: by sugi on 2010/08/13 at 22:41:56 (コメント編集)

アップダウンで厳しいけれでも、この季節、高原は最高ですね!

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。